美味しい青汁を開発した人

青汁の開発者って、誰なんだろうって思って調べたこともあるんですけども、最初が誰だったのかがよく分からないんですよね。各メーカーに開発者がいるのは分かってますよ。ただ、一番最初に考え出したっていうか、作った人って誰なんでしょう。
確か、青汁自体は九州地方や健康に強い興味を持っている人だけが飲むマイナーな飲み物だったんですよね。昔は。それが、バラエティの罰ゲームで使われてから広く認識されるよになって、「不味い!」のCMで更にインパクトを与えたって感じになるのかな?

しかし、開発者っていうのは大変な仕事、いや仕事というのかな。でも、とても大変なんだろうなって思います。美味しい青汁を開発した人っていうのは凄いですよね。
そもそも、青汁っていうのは不味いものっていうのが当たり前でしたし。それを健康の為に我慢して飲むっていうのも当然のことでした。
だから、不味いのが当たり前のものなのに、美味しくしようとしたっていうのは凄いことではないのかなって思います。今は、たくさんの青汁が出ていますから、別の意味で開発が大変なのかも。甘いものとか、色々な風味のあるものとか出揃っている感がありますから。まだまだ青汁ブームは続きそうなので、今後どんなものが開発されるのか楽しみでもありますけども。